“あの人”のブログ

否定的な人、非正規雇用で15年

さようならと子守唄

前回の更新から1ヶ月以上も空いてしまった。三日坊主これはひどいな(苦笑)。

その間に何をしていたかと言うと、これは本末転倒のようだが、非正規の仕事が忙しく、休みなく二週間ぶっ続けて働いていたりしたので、仕事以外の事がほとんど何もできなかった気がする。時給を稼ぐために一生懸命と時間を費やして、就職への道がはるかに遠ざかった。パートのおばさんや、他部署の社員から気に入られて、お褒めの言葉や社員登用の話をされるも、「人事部からの打診ではない限り、そんなものはただの世間話でしかないよな…」と、ひどくヤキモキした。

今の仕事に大きな不満があるわけではないけれど、「非正規の仕事は五月まで!」と決めていたので、もう心が無い。やりたくない。それでも、言葉巧みに非正規のまま私を働かせようとしてるように思えて、ヤキモキが爆発しそうになる。
"他人を使う"、"仕事をする"とは、本人の意思に関わらず、己や会社の都合に無理やり合わせて利益を生み出すことかもしれない。とすら考えています。果たして私はそんな世界で生きていけるのだろうか?疑問である。


大学には入学しました。
第一志望でも第二志望でもないけど、縁があったので選んだ大学。有名大学ではないところが、やっぱり気になって、少し後悔しています。でも、頑張ろう。頑張れ自分。他人には馬鹿にされるだろうが、必ず自信になる!
そして、半年ほど付き合った恋人とは口論の末に別れました。本当に色々とありがとう。一人では出来ないことを本当にたくさん与えてくれました。悩んで苦しんで、結果、己を知る事ができました。幸せに出来なくてごめんなさい。まだまだ、未熟者です。ごめんなさい。