“あの人”のブログ

否定的な人、非正規雇用で15年

飲んだくれの日々と、思わせ振りな女神

昨日の夜からうつろいながら書いた長文が消えてしまった。内容は、連日飲み歩いていることと、一年ほど前に知り合った20代半ばの年下女性A子について。

お酒は体調に影響があるし、お金もかかる。本来ならあまり飲み歩きたくないのであるが、家にいても大人しくしていられるほど情緒が安定していないし、何も起こらない。外に出て行動していれば、新しい出会いや触れ合いがある。強がって軽口を叩いていれば、笑いも生まれるし、なにより気が紛れる。
落ち込んでいる時こそ、外に出るべきだ。お金は仕方ないと思って散財している。

そして、久しぶりにA子に会った。
恋人が出来て以来、連絡するのを辞めていたが、久しぶりに会いたくなったので連絡すると二つ返事で飲みに行くことになった。相変わらず、フットワークが軽く、とても明るくて元気をもらえる。初めての店でもすぐに周囲と打ち解けられるし、若く魅力的な女性なので、いつも好印象だ。好きな仕事で大手に勤めていて、素直に関心する。

A子とは知り合ってすぐに連絡先を交換して、かなりの頻度で遊ぶようになった。二人きりで出掛けたことも何度もあるし、泊まっていったこともある。浮気性の女と別れて、肉体的にも精神的にも金銭的にも、ボロボロになっていた当時の自分は、A子達と遊ぶことで本当に救われた。
A子のことが好きだったし、今でも好意を抱いているけど、あまりにも天真爛漫なA子と付き合うことは、怖くて。臆病な俺には告白することはできなかった。

気取らず自然体で、バカだけど素直で柔軟性がある。活動的で日々楽しむことに前向き。
人と比べたり、口を開けば誰かの悪口を言い合ったりしない。若さというのはなんて魅力的なのだろうか。

「楽しかったことだけ、いい思い出にしましょう♪」
10ヵ月ぶりに会ったA子は、無邪気な笑顔でそう語った。
今は一緒に居てくれることがありがたくて、心から感謝している。と思ったけど口には出さなかった。いつかお互い幸せになれるといいな。

家にいるとロクなことが無い

ベッドで横になって微睡んでいると、大抵は良くないことが起こる。
特に携帯に触っていると。
無駄に時間を過ごしてしまうのはいつものことで、モヤモヤして誰かに連絡して後悔することが多い。
今日もそんな日だった。

話したいだけなんだけどな。
頑張ってる自分の姿を見てもらいたいだけなんだけどなぁ

求職者たち、アイツはもう居ない

求職支援登録会、面接、企業説明会に参加してきた。
詰め込み過ぎかと思ったけど、こういう時は少し無理してでもドンドン活動していかないと行けない気がして。
結果的には良かったと思う。気持ちを作った状態のままで挑めたし、面接は4人のグループだったので、他の求職者の雰囲気がわかった。

大卒、経験者、TOEIC700点以上など、キチンとしているが、様子のおかしい人が多く目立った。

ボソボソ囁いていたり、何を聞かれても笑ってやり過ごしたり、鋭い質問をするが、個人的な価値観を語ったり、他人に変なレッテルを張ったり。興奮して話している間、ずっと体が左右に震えているような人もいた。なにしろ、皆同様に生気が無く、受け答えがしっかりしていない人が多かった。

少し気が緩むのか、二三度目の質問で、ニヤニヤしたり、凄く個人的などーーでもいい話を絡めて、世間話をするような人。
変な人だけど、「大卒で職歴もあって資格とか持ってんだろーな」と思うと、気持ちが暗くなる。なんだかな。

年収200万の提示を見て「そんな求人があるのか!?」と愕然とするも、周囲を見て自分の価値を再認識する。俺は所詮こんなもんだ。これが現時点での自分の市場価値だ。これから何年かけて価値を上げていかないと。


少しやりきった感があるのか、今は何も食べたいものが無く、行きたいところも無いし、やりたいことも無い。過ごし方がわからない。

いや…正確にはわかっているんだけど、ただ彼女に会いたくて、話をして、触れたい。だけどそれが叶わない。何もかも彼女が基準になっていた事を再認識する。一人では出来ない、楽しい思い出をたくさん作ってくれてた。
一人で生きる方法を探すしかないんだ。

CIA内定者REINA

ご存知、セクシーチョコレートのREINAである。
その活躍は「陸海空こんな時間に世界制服するなんて」で周知の事実かと思われる。

何が言いたいかって、ハーバードの学費?年間1000万とかじゃなかったっけ??そんなん初めから金持ちやん。親が既に成功者やん。
とかそういうことではなく。

ネイティブレベルで英語が話せたり、「ハーバード大学院卒、クリントン事務所勤務経験」と、アメリカ人なら誰でもわかる共通の話題があるところや、外国人ウケの良さそうな表情筋スマイル。

そして、恐るべき分析力と、任務遂行能力。
なかでも僕が一番恐ろしいと思ったのが、"すべてを楽しんでやっている"ことだ。

就職支援サービス

都の就職支援サービスに参加してきた。
大概、「若い」「あなたのような人を待っていた」と相談員の人は慰めてくれる。
その言葉は有り難く受け取っているが、実際はそんな簡単に行かないことぐらいはわかってる。

親身に相談に乗ってくれたが、求人表の情報はかなり厳しい。
大卒、TOEIC720点以上、年収300万……。
こんな求人が成り立つのだろうか?信じたくない。

僕の周りの人間は1000万ぐらい稼いでる人が多い。いったいどうなってるんだ。


そうはいっても、大手企業に入社するために皆頑張ってきたのだろう。自堕落に過ごした若い日々を思い出して、ひどい虚無感に襲われる。
大人になり喉から手が出るほど欲しかった物は、他人から奪える物では無かった。

暗雲は音もなく忍び寄る

外資系飲料会社の書類審査に通過する。

偉そうな事をさんざ書き連ねた結果か、はたまたとんでも無い人手不足なのか。
ほぼほぼ経歴の無い自分がマネージメント職として採用されるのであれば、大きなキャリアアップだと思うが、依然として自分の将来像は見えてない。

未来。

未来か。

何度も何度も立ち止まる

転職活動は順調。
以前の自分とは比べ物にならないほど、経歴のブラッシュアップとセミナーへの応募など精力的に活動している。
求人のチェックをする度に「大卒、資格保有者、経験者」と自分に無い応募資格欄を見て暗い気持ちになっていたけど、以前に比べたらだいぶましになった。無い袖は振れないし、嘆いていても仕方ない。

いまはただ、あの子に会いたくて自分を突き動かす。
「私のためではなく、自分のために頑張ってね」
という言葉が胸に突き刺さるが、自分のためになんて思えない。
どうしてこうなってしまったのか…という現状に対する疑問と、変えられない過去への後悔。



苦労してきた友人の話を聞いた。
大学を6年かけて卒業。第一志望の会社に落ち、あても無く状況。三十歳を手前にして1年間のニート生活を経て今では大手関連会社の正社員。
彼がついこの前までニートしていたような錯覚に陥っていたけど、派遣→契約社員→正社員と6年も同じ現場で働いていたようだ。
聞けば大学もMarchレベル。

俺はいったい、何をしていたのだろうか。
6年間だけではなく、今までの人生で何をしてきたのだろうか?

がむしゃらに料理を運び、将来に不安を抱えながら笑顔で接客をする。
自分に明るい未来などが待ち受けているとは思えずに過ごした。
そんな生活に嫌気がさして、自分を変えようと某私立大学を受験するも失敗し、同時期に応募した予備自衛官にもなれなかった。

「学ぶことも、貢献することも俺には資格がないのか…」
と思うと、気持ちはいっそう暗くなった。
この国に自分の居場所は無いんだと思った。
だから、国を捨ててオーストラリアで生きていくことを決めた。

そこまでの選択は間違っていなかったと思う。
故郷を捨てた男には日常の些細な何もかもから学ぶことができた。

ではなぜ戻ってきた?
何を学んだ?
たった、それだけの期間でか?
お前に何ができる?

試される日々は続く。
もう頼れるアイツは居ない。

何度も何度も立ち止まる。